play back party room

懐かしい曲やバンドについて、自分のバンド活動について、ウダウダと書いていきます

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2回目はビリー・スクワイア。

1980年代は結構ブレイクしてたんですが、
最近トンと聞かなくなりましたねぇ。残念。

初めて知ったのは川村隆一(河ではない)の「ポップスインピクチャー」で。
「In The Dark」のPVを観てはまりました。



この手のハイトーンボーカル好きですね。
ルックスはマーク・ボランっぽいなーと思いました。
確かコンバースの社長の息子だったような…。違うかな?

当時クイーンと交流があって、アルバムにフレディとロジャーが参加したりしてました。
かつて西宮球場にクイーンのライブを観に行きましたが、
ビリーがゲスト飛び入りするかも?というデマが飛び交ってまして、
半分それ目当てで観に行ったのでした(笑)

後日ちゃんと来日公演しましたが、ライブもよかった!
カッコいい曲たくさんあるんですよね~。
アルバム『Don't Say No(ハードライダーの美学)』と『Emotions In Motion』は名曲ぞろいです。
現在もライブ活動もしているようなので、ひょいと来日しないかなあ。
スポンサーサイト
試しにブログやってみることにしました。

好きなバンドや懐かしい曲、自分のバンド活動など…テキトーに書いていこうと思います。
ブログの名前は、現在無期限休止中のバンド名から…(笑)


先ず第1回目は「カーヴド・エア」



1970年結成。
フォーク・クラシック・サイケ…いろんな要素が詰まった英国プログレバンド。
エディ・ジョブソン、スチュアート・コープランドが在籍してたことでも有名です。

なんと!そのカーヴド・エアが再結成したらしい!
来日の可能性もあるそうで。
ソーニャ・クリスティーナ、ダリル・ウェイ、フランシス・モンクマン…
この3人を生で観れる日が来るなんて想像もしてなかった!

このバンドは高校生のころよく聴きました。
そのころは人生で一番プログレを聴いていた時期でしたねー。
プログレというかクリムゾンにど~っぷり浸っていて、
クリムゾン→U.K.→エディ・ジョブソンつながりでカーヴド・エア
という風にたどり着きました。

聴き始めたころはまだギターを始めてなくて、
純粋に「聴く側」だったからか思い入れが大きいです。

当時はエディ・ジョブソンのテクとセンスばかり耳がいって
主に『エア・カット』ばかり聴いてましたが、
今はダリル・ウェイ&モンクマンのほうが聴いてて楽しいですね。
いろんなアイデアに溢れてて自由な感じがします。
音楽のセンスとテクがあって、こんなバンドが組めたら最高でしょうね~。

最近はYouTubeでも大量にアップされてて、もう嬉しい限りです。
映像で観ると、当時の時代感も相まってより楽しめますね。
昔はイマイチと思ってたモンクマンのギターも良いなぁ(笑)

絶対来日してほしい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。